ウル 第 三 王朝。 古代メソポタミア文明~シュメール人・アッカド人の王朝の興亡まとめ

メソポタミア文明:ウル第三王朝② 初代ウルナンム

🤟 出典:初期史の研究/p132 ウルナンム法典は「正義の定め」を知らしめるために作られたが、その条文の罰則はかなり具体的なものだ(シュメル/p160-162)。

ウル/ウルの軍旗

👌 初期の王たちに異常に長い統治期間が与えられていること、記録されている王たちも実在の不確かな者が多いこと、実際には並立していた諸都市が順番に王権を継承したように描かれていることなど問題点は多いが、『北部(とりわけキシュ)からウルクへ、そしてウルへという王権文書を記述することがこの文書の主目的』(注6)と捉えられ、初期王朝時代の都市国家の興亡を辿る上で参照される有力史料のひとつとなっている。 (注8)後にウル第三王朝を開いたウル・ナンム王は「シュメールとアッカドの王」を名乗っている。 ナラム・シン王は「四方世界の王」とあわせて「アッカドの王」を名乗ったが、この点からナラム・シン王治世下でニップル以北、キシュ市の近くにあったと考えられている王都アッカド市を中心としたアッカド地方とニップル以南のシュメール地方という二つの地理概念が生まれたと考えられている。

14

ウル第3王朝

🤣 バルル王の後、系王朝であるアワン朝が王権を握ったとされている。 このようにこの名称は史実に基づかないが、慣例によりこの名称は使い続けられている。 捨て子となったサルゴンはキシュで成長し、キシュ王であるウルザババはサルゴンに封筒に入った手紙を持たせてルガルザゲシの所に向かわせます。

ウル第3王朝

♻ シュメール地方 『初期史の研究』(p126-128)によれば、「ウルの王、シュメールとの王」を名乗った後、ウルナンムは勢力拡大のための活動を開始した。 ウル第三王朝は約100年と短期間であったが、第二代シュルギ王治世後半以降に膨大な数の行済文書が記録された。

7

メソポタミア文明:ウル第三王朝② 初代ウルナンム

✔ 王名表ではこの王朝の王は初代のからまでの4人であるとされているが、ウル王墓の発掘によって王名表に記載されていない王が多数存在することがわかっており、メスアンネパダ以前の王も確認されている。

6

メソポタミア文明:ウル第三王朝② 初代ウルナンム

🤭 参照 出題 2002年度のセンターテスト世界史B追試 次の図は、大英博物館に収蔵されている「ウルのスタンダード(軍旗)」と呼ばれる遺物である。 前2074年 王朝の最盛期。 はてなブックマーク - 「ウル第三王朝」が「第三」なら第一と第二はどこにあるのか探してみた: 現在位置を確認します。

2