えん げ 困難 者 製剤 加算。 錠剤を粉砕したときは嚥下困難者用製剤加算?自家製剤加算?

えん げ 困難 者 製剤 加算

🐾 (7)外来服薬支援料は、「区分番号 15」の在宅患者訪問薬剤管理指導料を算定している患者については算定できない。 嚥下困難者に、服用できるように剤形の工夫をして調剤したときに算定できる点数だ。

嚥下困難者用製剤加算の算定要件

❤️ 含まれないもの:嚥下困難者用製剤加算、一包化加算、麻薬・向精神薬・覚醒剤原料・毒薬加算、自家製剤加算、計量混合調剤加算 レセプト摘要欄への記載以外にも、• イ 錠剤を粉砕して散剤とすること。

20

調剤報酬 その12「調剤料・嚥下困難者用製剤加算」

🙄 嚥下困難は処方箋受付ごとに算定できる点数だから、医薬品ごとに判断するのではなく処方箋全体で算定できるかどうかを判断する。

17

【令和2年度】レセプト摘要欄への記載事項(電算コード化)【2020年度改定】│薬剤師の脳みそ

👆 ホ その他(残薬、その他患者への聞き取り状況等)• カ 休日加算 (イ)休日加算の対象となる休日とは、日曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第3条に規定する休日をいう。 その場合、対象となる算定日をレセプト摘要欄に記載する必要があるということですね。

17

粉砕時、自家製剤加算と嚥下困難者用製剤加算のどちらを算定すべきか

☭ このケースに該当し、別剤として算定を行う場合は 適用欄に「820100367(調剤料(内服薬):配合不適等調剤技術上の必要性から個別に調剤した場合)」の記載が必要です。

20

嚥下困難者用製剤加算の算定条件をわかりやすく説明【調剤薬局の個別指導】

😅 登録となると不安に感じる方もいるかもしれませんが、医療関係者であれば誰しも耳にしたことがある!というくらいの有名なサイトで、薬剤師以外にも医師や看護師も多く登録しているサイトなので安心して利用できますね。 参考書籍• イ 在宅協力薬局の薬剤師が在宅基幹薬局の薬剤師に代わって訪問薬剤管理指導を行った場合には、薬剤服用歴の記録を記載し、在宅基幹薬局と当該記録の内容を共有することとするが、訪問薬剤管理指導の指示を行った医師又は歯科医師に対する訪問結果についての報告等は在宅基幹薬局が行う。

16

嚥下困難者用製剤加算の算定要件

👆 (イ)深夜加算は、次の患者について算定できるものとする。 イ 患者若しくはその家族等の求めがあった場合等、調剤後の薬剤管理指導の必要性が認められる場合であって、医師の了解を得たとき• ただし、患者への吸入指導等を行った結果、患者の当該吸入薬の使用について疑義等がある場合には、処方医に対して必要な照会を行うこと。

4